ようやく水虫が治った!あれ、また水虫が再発している。そんな思いをしたことはありませんか?実は水虫は症状がおさまったからといって途中で治療をやめてはいけません!水虫は完全に治ったと判断されるまでは、徹底して治療を行う必要があります。しつこい水虫の完治の方法から、具体的な治療薬、また知っておきたい水虫の情報までおさえておきましょう。

水虫に効くケトコナゾールという成分の効果

水虫の診察をする医者

ケトコナゾールとは、水虫など真菌が原因で起こる皮膚疾患に有効な抗真菌薬です。
真菌が原因で発症する皮膚疾患を「皮膚真菌症」と呼びますが、これらの原因菌は身近に多く存在していて誰にでも発症する可能性があります。
特に水虫の場合には周りの人に感染してしまうこともあるため、早めに治療することが大切です。

水虫薬にも数多くの種類がありますが、ケトコナゾールなら白癬菌を完全に死滅させることができ、根本から治療することができます。
水虫は白癬菌と呼ばれるカビ(真菌)の一種が足の角質に寄生することで発症する皮膚病ですが、白癬菌は足以外にも感染することがあり、頭に感染した場合は「しらくも」、胴体に感染すると「たむし」と呼ばれます。
また、白癬菌以外ではマラセチア菌や癜風菌も真菌の一種であるため、これらの菌が原因で起こる脂漏性皮膚炎や癜風にもケトコナゾールは効果を発揮します。

ではケトコナゾールが真菌に効くのは、どのような作用によるものなのでしょうか。
ヒトの細胞には、コレステロールによって構成される細胞膜が存在します。
真菌の細胞にも細胞膜がありますが、その成分はコレステロールではなく「エルゴステロール」と呼ばれる成分です。
ケトコナゾールはこのエルゴステロールの合成を阻害し、真菌が成長・増殖することを抑制する効果があるのです。
そして、ヒトにはこのエルゴステロールは存在しないため、からだの細胞を傷付けることなく効率的に真菌を死滅させることができるのです。

ケトコナゾールを含む外用薬は、ローションやクリームなどの剤形があります。
クリームは保湿力があり刺激が少なく、赤みやかぶれなどの副作用が出にくいという特徴があります。
対してローションはベトつかず浸透力があるため、皮膚が厚くなっている部分に適しています。
しかし保湿力が低いため刺激を感じやすいというデメリットがあります。
使用する部位や状態に合わせて使い分けるといいでしょう。

ケトコナゾールは薬局で購入できるか

このように、ケトコナゾールは水虫などの皮膚真菌症によく効く成分であることがわかりました。
それほどの効果があるのなら今すぐに使ってみたいと思った方もいるかもしれませんが、ケトコナゾールを含有する薬は薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。
これはケトコナゾールが医療用医薬品であり、薬局などで販売することが現在認められていないためです。

しかし医療機関以外では、個人での使用に限り海外から輸入することが認められています。
個人輸入といっても、インターネットで代行業者から購入する方法であれば通販と同じように簡単に購入することができます。
また、診察代や交通費などもかからずコストも抑えることができるというメリットもあります。

水虫への使用の場合、1ヶ月程度の使用で効果を実感する方が多いようです。
しかし、ここで使用をやめてしまうと再発するケースが多いため、白癬菌を完全に死滅させるためにその後も数ヶ月は塗布し続ける必要があります。
完治させるには最低でも2~3ヶ月は継続して使用しましょう。

ケトコナゾールの外用薬は厚生労働省の認可を受けた安全性の高い治療薬ですが、稀に副作用が起こることがあります。
とはいえクリームなどの外用薬の場合、皮膚から吸収されることはほとんどないことから、からだ全体に及ぶような副作用はまず起こりません。
多いのは軽い皮膚症状で、刺激感や発疹、かゆみ、かぶれなどです。

個人輸入で購入した場合、治療費を抑えられるため長期間使用してもコストがあまりかからないというメリットがあるものの、このような副作用などの健康被害が起こったとしても自己責任となるというリスクもあります。
これらのことを理解したうえで慎重に利用しましょう。